【ビッグベイト初心者】ロッドに『ベンケイ』を選択するメリットとデメリットとは?

「ビッグベイトで釣りをしてみたいけど、何か安くて良いロッドないかなー?」

「はじめてのビッグベイトロッドはとりあえず安価なものがいい」

そんな悩みを持つアングラーのためのページです。

 

ビッグベイト入門用のロッドやサブロッドとしてロッドの購入を考えている人は、メジャークラフトの「BENKEI(ベンケイ)」というロッドもいいかもしれません!

 

メジャークラフトから発売されている「ベンケイ」はこんなアングラーにオススメです!

ベンケイはこんな人にオススメ
  • コスト重視で選びたい
  • デザインもこだわりたい
  • パックロッドも考えている

 つまり「ベンケイ」は、いきなり高価なロッドではなく、手軽にビッグベイトでの釣りを楽しみたいアングラーに向いているロッド

 

人によっては最初に高価なロッドを買ってしまって後悔することもあるので、はじめてのビッグベイトロッドの購入を考えている場合は、ぜひチェックしてみてください!

ひゅうじ

ひゅうじ

個人的な意見も交えて、わかりやすく説明します!

メジャークラフトの『BENKEI (ベンケイ)』とは?

メジャークラフトより引用

メジャークラフトのロッド『ベンケイ』とはどのようなロッドなのでしょうか?

公式ホームページ内ではこのように解説されています。

新たな局面を迎えるバスフィッシング界に一石を投じる救世主〈BENKEI〉新登場。フィールドのタフ化が進み、一筋縄では太刀打ち出来ない現状を打破するために生まれました。バスは時代と共に狡猾になり、当然、タックルの進化もそれに追従しなければなりません。最新データを解析、フィードバックした最先端バスロッド〈BENKEI〉。バーサタイルはもちろん、フロッグやビッグベイトに特化したスペシャルモデルから、SFS(スーパーファインソリッド)搭載の切り札的モデルまで揃ってまさに“弁慶に長刀”。フィールドでの一太刀が新たな時代を切り開き、見事バスを物にします。

メジャークラフト BENKEIより引用

正直なところ、何言っているかよくわかりませんよね。メーカーの説明って抽象的で難しいです。

 

しかし、メジャークラフトの『ベンケイ』は安価だから使えないというロッドではありません

高価なものと比較すると劣る部分はあるかもしれませんが、バスロッドとして十分に使えるし、デカいバスもキャッチすることができます。

『ベンケイ』の使用感などはYouTubeのレビュー・インプレ動画での意見が証明しているので、是非いろんな人のレビューもチェックしてみてください。

>>YouTubeで『ベンケイ』の関連動画を見てみる

ベンケイ』を選ぶメリットとデメリット

ビッグベイト用のロッドが数多くある中で、『ベンケイ』を選ぶメリットはあるのか?また、『ベンケイ』にどんなデメリットがあるのか?それぞれを見ていきましょう!

ベンケイ』を選択する際のメリット

  • 1万円ちょっとで入手可能
  • デザインに極端な安っぽさがない
  • 持ち運びしやすいパックロッドモデルがある

1万円ちょいで買える!

バス釣り完全初心者にとってはロッドに1万円を出すというのは勇気がいりますよね。

「ロッドに1万円って正気かよ…」そう思うのも無理がないところですが、逆に1万円を切ってしまうと、ロッドが重い、感度が悪い、使いづらいなど、ネガティブな感想が出てくるものが多いように思います。

 

しかし、ベンケイは1万円ちょっとでそこそこの性能を持っていて、しっかりしたデザインのロッドなので、なかなかコスパの良いロッドだと思います。

ビッグベイト用のサブロッドとして買うにもちょうどいい価格ではないでしょうか。

デザインに極端な安っぽさがない

低価格のロッドといえば、パッと見で安いのがわかる、あきらかに部品が粗末というイメージがあるかもしれません。しかし、メジャークラフトは低価格帯のロッドでもデザインがしっかりしてる!

 

あまりにも粗末なデザインだったりすると、気分的に良くないですよね。なんとなく惨めな気分に陥ったりするものですが、このくらい作り込まれているものであれば、モチベーションに影響することは無さそうです。

収納も楽々!いつでもどこでも釣りができるマルチピースモデル!

『ベンケイ』には2ピース、4ピースモデルのパックロッドでもビッグベイト対応モデルがあるので、1ピースロッドの持ち運びに不便を感じる人は、このラインナップは嬉しいところ!

  

2ピースなら自転車でも車の移動でも持ち運びが楽になるし、4ピースにいたっては旅行や出張中でも釣りができるという釣り好き大喜びのモデル!

出来るだけコンパクトに収納して、持ち運びも楽にしたい人にとってはコスパもいいし最強ですね!

ひゅうじ

ひゅうじ

車に忍ばせておけば、いつでもどこでも釣りをすることができます!

ベンケイを選択する際のデメリット

  • グリップのスポンジが少し低価格感
  • メジャークラフトで同じような価格帯のロッドが多い

グリップのスポンジが少し低価格感

ベンケイはなんとなくグリップ部分のスポンジ感が多めな気がします。本当になんとなくなんですけど、「あれ?なんか安めのスポンジっぽい」という気がしたんですよ。

特にスポンジだからといって釣りに支障は出ませんが、コルク派の人は別のロッドを選びましょう。

メジャークラフトでは同じような価格帯のロッドが多い

メジャークラフトのロッドを選ぶ際に気になるのは同じ価格帯のロッドが意外と多いという点。

特に「バスパラ」「ベンケイ」「デイズ」は価格差があんまりないんですよ。一番安いのと高いものの価格差が8000円程度です。

価格差が8000円くらいでどのくらいの違いがあるかは不明ですが、購入する際には迷いやすいというデメリットがあります。

 

スペック、デザイン、価格を見比べて自分の一番気に入ったものを買うのが間違い無いのはいうまでもないですが、自分のフィーリングを信じて買うのが吉です!

最初は性能よりもデザインで決めた方が、モチベーションが続くかもしれません。

「ベンケイ」のビッグベイト対応モデル一覧

モデル名全長(ft)継数ルアー(oz)
BIC-70H7’0”13/8-1.1/2
BIC-70X7’0”13/8-3
BIC-702H7’0”23/8-1.1/2
BIC-702X7’0”23/8-3
BIC-68BB6’8”11-3
BIC-704H7’0”43/8-1.1/2
迷ったらコレ!

created by Rinker
Major Craft(メジャークラフト)
¥12,576 (2022/08/16 04:28:00時点 Amazon調べ-詳細)

ベンケイのロッド選びに迷ったらこのモデルがオススメ!

約11g〜84gまでのルアーに対応しているので、幅広い釣りを楽しむことができます!「ビッグベイトは自分に向いていないかも」と不安に感じる人でも安心です。

しかも2ピースなので、持ち運びも収納する時もコンパクトになっていい感じです!

駆け出しビッグベイターは低コストロッドから始めよう!!

ベンケイは駆け出しビッグベイターにオススメのロッドです!

なんといっても安くてデザインがしっかりしているというのがいいですよね!リールを1万円で買ったとしても2万円程度でタックルが揃ってしまうという事実!

 

ベテランのルアーアングラーになるとロッドとリールだけで10万円を超える人もいることを考えれば、2万円程度でビッグベイトタックルを揃えられるというのは魅力的!

 

安かろう悪かろうという言葉がありますが、このくらいの価格だと普通に釣りも出来るし、デカバスだって獲れます!

しかし、安いからといって雑に扱う人が多い印象なので、ロッドの取り扱いにだけは十分に気をつけましょう!

ひゅうじ

ひゅうじ

バス釣り歴20年ビッグベイト歴3年目のビッグベイトブロガー「ひゅうじ」です。
ビッグベイトの釣りが楽しくなるような情報を発信していきます!

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA