迷ったときは『定番ライン』を選ぼう!ビッグベイト用のフロロ&ナイロンラインを定番はコレ!

ビッグベイトで釣りをしたいけど、どのラインを使えばいいかわからない!

とりあえず無難なラインを使いたい!

このページではビッグベイトで釣りをするうえで、定番となっているラインを紹介します!

ここで紹介したラインを使えば、不満のないビッグベイトゲームを楽しむことができます!

 

実際お店に行ってラインを買おうとすると、たくさんのラインがあってどれにすればいいか迷ってしまいますよね。ラインの種類って何気に多い!

 

しかしですよ、とりあえず2種類の定番のラインを押さえておいておけば大丈夫なんです!

その2種類のラインを基準にして、次に使うラインの良し悪しを考えていくだけでいいのです!

 

ここではバスフィッシングで定番となっているナイロンラインとフロロラインを2つに絞って紹介します!

迷ったときは『定番ライン』を選ぼう!ビッグベイト用のフロロ&ナイロンラインはコレ!

間違いのない最高のラインを使いたい!って思うものの、そんな最強で最高のラインがあるならばお店には何故あんなにも沢山のラインが取り揃えられているのか?

 

それはラインにも個性があるから。

 

どのラインにもオリジナリティのある特性をメーカーが頑張って与えていった結果、あんなにも沢山のラインが販売されているのです。 

しかし、ラインに特性が備わっているのは嬉しいものの、僕たちアングラー側からすると、選ぶのが面倒であることも事実。それぞれのラインの違いってわかりづらいし、使ってみないとわからないことも多いですよね。

 

ということで、このページではこれ買っておけば間違いない!ってラインだけを紹介します。ナイロンとフロロラインからひとつずつ紹介します!

ナイロンラインの定番『GT-Rウルトラ』

バス釣りでナイロンラインの定番といえばコレ!『GT-Rウルトラ』です。

GT-Rウルトラは、フロロに負けないくらいの耐摩耗性をそなえている「強い」ラインなのです!

『GT-Rウルトラ』の耐摩耗性は本物!

GT-Rウルトラの耐摩耗性ってマジだなって思ったエピソードがひとつあります。

以前、木にラインを絡めてしまった時に、テンションかけた状態でゴリゴリと木にラインを擦りまくったことがありましたが、ラインブレイクすることなく、ルアーを回収することができました。

 

ルアーを回収し終わったあとには、さすがにラインはボロボロになっていましたが、ラインブレイクすることなく耐えてくれたことに感動しました。

ひゅうじ

ひゅうじ

なんとなく、他のナイロンラインより劣化が遅めな気がしてます。

ライン表面のツルツル感もいい感じで飛んでく!

GT-Rウルトラのラインの表面がツルツルなのもいい感じなんです。

他のナイロンラインにくらべてツルツル感が高いような気がしていて、キャスト時もガイドとの摩擦が少なく、気持ちよく飛んでいく気がするんです。

 

他のラインとの厳密な比較はしていないものの、使用感として気持ちがいいというのは大事ですよね。

あと、表面がツルツルしているせいかバックラッシュ時もほどきやすい気がします。

買うなら600m巻きが超お得!

GT-Rウルトラはポンド数によって75m巻きか100m巻きで売られているのを多く見かけると思います。

お試しで買うならそれを買っていいと思います。

 

しかし!長く使うと決めたなら600m巻きを買うべき!

同じ長さのラインを買うことを考えると、めちゃくちゃ安く買うことができます!

ひゅうじ

ひゅうじ

実店舗で600m巻きの在庫が少ないのが難点です。

フロロラインの定番『シーガーR18フロロリミテッド』

フロロラインの定番としてクレハの『シーガーR18 フロロリミテッド』があります。

GT-Rウルトラがフロロ に負けない耐摩耗性を備えているのに対し、フロロリミテッドは高強度で高感度、そのうえナイロンラインに近い「しなやかさ」があるラインになっています!

フロロの中でも使いやすい「しなやかさ!」

安いフロロラインを使ったことがある人はわかると思いますが、フロロラインってかなり硬さが気になりますよね。なんかゴワゴワしている感があると思います。

 

しかし、フロロリミテッドはナイロンラインに近いしなやかさを持っているので、非常に扱いやすくキャストもしやすいライン!

フロロラインだけに巻き癖はつきやすいものの、他のフロロラインよりもバックラッシュがしにくいような気がします。

ひゅうじ

ひゅうじ

しなやかさはナイロンには及ばないものの、かなり使いやすい!

困るくらいに強い強度

このフロロリミテッドはシリーズ最高クラスの強度を持つと謳っていますが、これも本当に強いラインだと感じたエピソードがあります。

 

ルアーを岩場に根掛かりさせてしまって泣く泣くラインを切ろうと思い、手元でラインを固定して「グーッ!」と後ろへ下がりました。が、、、なかなか切れない!

他のラインを使っていたときには同じくらいのチカラ加減で切れていたはずなのに、フロロリミテッドは全然ラインが切れないんです。

 

根掛かり時に体感できるのが悔しいところですが、もし根掛かりした際には試してみてください。

お店で買うよりネットで買うのがベスト!

最近気づいたことではありますが、フロロリミテッドはお店で買うよりもネットで買うのがいいかもしれません。

シーガーR18 フロロリミテッドをお店で買おうとすると、定価に近い価格(20lb 2900円)や定価の70%くらいの価格で販売されていたりと、他のラインに比べて高い場合が多いです。

 

しかし、ネットで検索してみるとどうでしょう?いつも40%〜50%OFFの価格で販売されているじゃあないですか!しかも各種ポイントまでついてくるというおまけ付き!

ここまで価格差があると緊急時以外は実店舗で買う必要がありませんよね、ネットで買うのがベストです!

ひゅうじ

ひゅうじ

実店舗でもセールで安くなることも多いので、定価で買うのは損かも!

ラインにこだわりがなければこの2つだけでもOK!

どのラインを使えばいいかわからないときは、上記の2つだけを候補に入れておけばOKです。

また、いろんなラインを試すよりもルアーやロッドにお金をかけたい!って人も今回紹介したラインだけを使っておけば無駄に迷うこともなくなるので、オススメです!

 

ラインはルアーフィッシングでは絶対に外せないものなので、間違いない「良いライン」を使いたいですよね!

今回紹介したラインは多くのアングラーから支持されている非常に人気の高いラインなので、買って後悔することはないはず!

 

最初からよくわからないラインを買うよりは、定番となっているラインを試してから冒険をする方が自分に合うラインを見つける近道になります。

ひゅうじ

ひゅうじ

バス釣り歴20年ビッグベイト歴3年目のビッグベイトブロガー「ひゅうじ」です。
ビッグベイトの釣りが楽しくなるような情報を発信していきます!

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA