信頼の明邦製『ビッグベイト用ルアーケース』オススメ2選!至高のバーサスシリーズ!

ビッグベイトを持ち運ぶ時の収納ケースってどれを選べばいいかわからない!オススメ知りたい!

そんなビッグベイトの持ち運びの悩みを抱えるアングラーのためのページです。

結論から言うと、選ぶべきは明邦工業の『バーサスシリーズ』のケースから選ぶべき!

バーサス(VERSUS)のケースは釣りする人は見かけたことのない人がいないくらい、定番となっている収納ケースシリーズのひとつ。

このケースの中でたった2つだけをチェックすれば、持ち運びする際のケース選びから解放され、満足感に包まれることでしょう!

今回はビッグベイトの収納・持ち運びにオススメのボックス2種を紹介します!!

信頼の明邦製『ビッグベイト用ルアーケース』オススメ2選!至高のバーサスシリーズ!

まず初めに、なぜ明邦工業のバーサスというシリーズから選ぶべきなのかを簡単に解説します!

明邦工業のバーサスを選ぶ理由
  • 壊れにくく使いやすい
  • たくさんのサイズが用意されている
  • 入手しやすい
  • 同メーカーとのタックルボックスとの連携が良い

ごく普通のことではありますが、壊れにくくて使いやすいという点がひとつ。そして、どのお店にも置いてあるくらい日本国内のシェアを獲得していて、サイズも豊富に用意されているというメリットもあります。

それに、同メーカーのタックルボックスとの相性が良く、大容量のタックルボックスの下段部分などに綺麗に収まるようにデザインされているところも好きなポイント。

 

当たり前のことしか言ってないように聞こえるかもしれませんが、100均やホームセンターでテキトーに安いやつを買ってしまうと、フタが外れたり、ロック部分が壊れたりと「残念な商品」だったりすることがあります。

明邦工業の収納ケースのシリーズには、そういう「残念な部分がない」ところが最大のメリットなのです。

ビッグベイトの収納にオススメのバーサスケース2選!

信頼あるバーサスシリーズの中から、ビッグベイトの収納にオススメのケースは主に2種類!

  • VS-1200NDDM
  • VS-800NDDM

上記の2つが超オススメです!むしろこの2つさえチェックしておけば、ビッグベイトの収納に困ることはないと言っても過言ではないはず!

ひゅうじ

ひゅうじ

ネコソギ専用ケースなどの特化型のケースでなくていいという人なら全然困ることはありません!

VS-1200NDDMは200mmを超えるルアー向き

created by Rinker
¥759 (2022/08/16 13:22:00時点 楽天市場調べ-詳細)

内寸:幅245mm 奥行き167mm 深さ55mm

まずオススメの一つ目として『VS-1200NDDM』というケースがあります。このケースは内寸で幅が245mmの奥行きが167mmという非常に大きなケースになっています。

感覚としてはB5版の書類(257×182mm)に近いサイズになっているので、よっぽど大きなルアー以外は収納ができるはずです!

 

ダヴィンチ240やクラッシュ9などのルアーがすっぽり入るので、収納力にはかなり満足できるはずです。

ひゅうじ

ひゅうじ

大きくてルアーがすっぽり収まる感じは、すごく安心感があります!

VS-800NDDM 190mmまで

created by Rinker
¥570 (2022/08/16 04:28:49時点 楽天市場調べ-詳細)

内寸:幅194mm 奥行き122mm 深さ55mm

もう一つのオススメは『VS-800NDDM』というケース。幅が194mmもあるので、ダヴィンチ190のような2ozクラスのビッグベイトもちょうどよく収まります。

200mmを超えるようなルアーはそもそも持っていないという人や、ビッグベイトはそんなに多く持ち運ばないという場合にはこの『VS-800NDDM』で十分でしょう。

 

もちろんビッグベイトより小さいルアーは、多くのルアーを収納できるので、余裕のある収納力がほしい人にもオススメです!

ひゅうじ

ひゅうじ

僕はこのサイズのケースを2つ持ってビッグベイトでオカッパリしていました!

もう少しだけこだわるならこの2つをチェック!

もうちょっとだけケース選びをこだわりたいという人はこの2つもオススメです!

  • VW-2010NDDM 通気性が良い
  • VS-3010NDDM 横向き仕切りで収納したい人向け

VW-2010NDDM

created by Rinker
¥652 (2022/08/16 04:28:49時点 楽天市場調べ-詳細)

内寸:幅194mm 奥行き122mm 深さ55mm

実はサイズ的には『VS-800NDDM』と同じサイズのケースになっていますが、「通気性」「透明パネル」というメリットを持ったケースになります。

このケースは上部のパネル横に通気ダクトがついていて、風通しのいいケースとなっているので、少しでも湿気がこもるのが嫌な人に向いています。

また、ケースの上部パネルが透明になっているので、中のルアーが視認しやすく取り出しやすいという利点もあるんです!

ひゅうじ

ひゅうじ

実は僕はこのケースを2つ持地、オカッパリでビッグベイトを持ち運んでいます!

VS-3010NDDM

created by Rinker
¥520 (2022/08/16 09:30:10時点 楽天市場調べ-詳細)

内寸:幅194mm 奥行き122mm 深さ55mm

実はこのケースも『VS-800NDDM』と同サイズのケースですが、仕切りの向きに違いがあります!

『VS-800NDDM』は縦の仕切りがついていて、『VS-3010NDDM』は横向きの仕切りが付属しています。

 

ジョイクロ178などのテールがついているビッグベイトは他のルアーとごちゃ混ぜに収納してしまうと、テールが変形することがあります。

そういうテールの変形を防ぐためには、横向きの仕切りを取り付けて、他のルアーと接触しないように持ち運んだほうが、テールの変形などを防止できる可能性が高くなります!

ひゅうじ

ひゅうじ

テールの変形を防ぐためには余裕のある収納が大事です。

他のケースを選ぶにしてもバーサスを基準にしよう!

ビッグベイトの収納方法は、他にもあるかと思いますが、それでもバーサスのケースと比較して決めるのがいいと思うんです。

 

結局のところ、モノ選びというのは何かしら基準がないと比較しようがなく、何も基準がない場合には比較対象がないので失敗しやすくなるはずです。

僕は釣りを始めた頃は「ケースなら使えればなんでもいいや!」って感じでしたが、そういうときに選んでいたケースはことごとく壊れたり、フタが閉まらなくなったりと不具合が絶えませんでした。

 

バーサスならそんな酷い壊れかたをしたことがなく、結構長い期間使いづつけているので、他の人にもオススメできる優良ケース。

なので、他のケースを買うときも「バーサスの方が安くて丈夫じゃね?」って感じに吟味しながら買うようにするのがオススメです。

今回の内容が、ビッグベイトのケース選びの参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ひゅうじ

ひゅうじ

バス釣り歴20年ビッグベイト歴3年目のビッグベイトブロガー「ひゅうじ」です。
ビッグベイトの釣りが楽しくなるような情報を発信していきます!

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA