【朗報】『GTーRウルトラ』を格安で手に入れる方法が存在した件【600m巻き最強説】

GT−R ULTRA』を使ってるんだけど、このライン高いんだよね…。。。

ここは頻繁に交換しがちなナイロンラインの価格について悩んでいる人のためのページです。

 

実は最近、『GT−R ULTRA』を超格安で買うことができる方法を見つけてしまったのです…。

あまりにも安いので、本当は内緒にしておいて、こっそり自分だけ買いたいところだったんですが、この喜びを釣り好きの皆と分かち合いたいので公開します!

とはいえ、実は以前からネット上では容易に実行することができる方法なんですが、意外とみんな気づいていないような気がしたので記事にしてみました!

 

結論としては『GT-R ウルトラ』は600m巻で買うと50%OFFでラインを買うことができるのです!実に半額以下の金額で、同じ製品のラインを通常よりも多く買うことできてしまいます。

 

今回はGT-Rウルトラを格安で買う方法とそのコストパフォーマンスの良さについて解説します!

ナイロン派歓喜!『GTーRウルトラ』を半額以下で手に入れる方法が存在した件

ナイロンラインが好きで「GT−Rシリーズ」のラインを好んで使っている人も多いかと思います。ナイロンラインはライントラブルも少ないし、耐摩耗性のあるウルトラはなかなか使いやすくていいラインですよね!

 

しかし、ナイロンラインは「吸水性による劣化」という避けられない弱点を持っています。

使い続けているうちに徐々にラインの強度は落ちていくので、こまめなライン交換が推奨されていますよね。ナイロンラインは意外とお金がかかるんです。

 

でも、もしかして釣具屋さんで75mや100m巻きのラインを買っていませんか?

そうです、定価が2000円くらいで、お店では1800円くらいで売られているあのパッケージです。

それ、めちゃくちゃ損してますよ!

600mで買うと半額の値段で同じ量のラインを入手することができる!

結論を言ってしまうと、600m巻きの徳用ラインを買うとめちゃくちゃ安く『GT-Rウルトラ』を手に入れることができます!

ひゅうじ

ひゅうじ

Amazonや楽天での値段をみて見てくださいよ!400mも得してんじゃん!ってなります!

100m巻きと徳用の600m巻きでは定価で倍の差が出る

例えば、GTーR ウルトラの20ポンド(100m)のラインは定価で2000円です。

まあ、そんな値段だよね、って感じですよね。お店での実売価格はもうちょい安いかなってところです。

 

しかし、同じ20ポンドの600m巻きのラインの価格を見てみると、定価は6000円…

なんかおかしいですよね!ラインは6倍の量なのに、値段は3倍にしかなっていない!

 

つまり、同じラインを600mぶん購入した時はこのような価格差が生まれてしまうのです!

  • GT-R 20lb 100m(定価2000円) × 6個 = 12000円
  • GT-R 20lb 600m(定価6000円) × 1個 =  6000円

同じラインの量で2倍の価格差!

これは600m巻きを買うしかないですよね!100巻きは圧倒的に損だったんです!

もしもあなたが100m巻きを複数個買ってストックするタイプなら、残念ながらめちゃくちゃ損してます。

ひゅうじ

ひゅうじ

100m巻きをセールの時に買い込んでたけど、それよりも600m巻きを買ったほうが安かった…。。。

ネットショップはさらに安い!驚愕の価格があるという事実!

ここからはさらに衝撃的な事実を晒してしまいます。心を落ち着けて読んでください。

「600m巻きのラインってめちゃ得じゃん!ネット通販で頼んでみようかなー!」って思って、楽天で600mのGT-R ウルトラを探してみたんですよ。

 

そしたら、想像以上に安い価格が提示されていたんです。こちらをご覧ください。

「嘘…、だろ?」って思いますよね。4000円くらい出せば、600mもラインを買えたという事実。

いままで100mとか75mを1800円も出して買っていた自分がマヌケだったかのような価格です。

ひゅうじ

ひゅうじ

もっと早く知っていれば、浮いたお金でルアーをたくさん買えたのに、、、悔しいですね。

もっと早く知っていれば、浮いたお金でルアーをたくさん買えたのに、、、悔しいですね。

600m巻きは「ナイロン好き」や「リールの台数が多い人」にオススメ!

600m巻を買うべき理由は金額だけではありません。ナイロンラインを使っている人のほとんどは知っているとは思いますが、「ナイロンラインは劣化が早い」ですよね。

 

ずっと使い続けてしまうと、ラインが若干白っぽく、パサパサした感じになり、やがて切れます。

そんな状態で投げてしまうと、投げ切れが起こり、ルアーだけが飛んでいってしまいます。

 

そんな悲劇が起こらないようにナイロンラインはこまめに交換すべきですが、100m巻の製品では1回分しか巻けないし、複数のリールを持つ人にとってはパッケージを何個も持つのは億劫ですよね。

ナイロンヘビーユーザーは600m巻のものを買った方が圧倒的に便利なのです。

ひゅうじ

ひゅうじ

ナイロンに限らず、ラインは消耗品なので、安く多く買えるなら最高ですね!

ラインは釣具の中でトップクラスの消耗品!どうせ買うなら安く済ませたい!

600m巻きのボリューム感がすごい!

なんだかんだでラインって釣り道具の中でも最も買い換えるサイクルの早い製品ですよね。

「ルアーは買わなくても、ラインは買わなきゃ!」ってなるときあると思います。

 

ラインが劣化したままでは、ルアーをロストする不安と、ファイト中のブレイクが怖くて、落ち着いて釣りができません。ラインは釣りにとって欠かせないもの、絶対に必要なアイテムです。

 

しかし、絶対に必要だからといって高いお金を払いたくはないものです。

できるならラインを安く、多く手に入れて、気持ちよく釣りをエンジョイしたいじゃないですか!

 

600m巻きは「ラインって高いよな」というもどかしい気持ちから解き放ってくれる神製品なのです。

ひゅうじ

ひゅうじ

お試しで買う以外は、100m巻を買うことはないでしょう…。

600m巻のコスパが高すぎです!

しかし、お店ではなかなか置いていないという難点も

僕の身近にある釣具屋さんでは600m巻の製品ってあんまり置いていないんです。

「600m巻きなんてあったんだ!お店に置いているか見にいってみよー!」

とか意気揚々と言ってみるものの、取り扱っていない。。。

 

釣具屋さん的に100m巻をたくさん売った方が儲かるのかはわかりませんが、意外と600mのラインって置いていないので、気を付けましょう。

ラインの交換時期が来る前にネットで注文するのが確実で、安く手に入れることができます。

ひゅうじ

ひゅうじ

バス釣り歴20年ビッグベイト歴3年目のビッグベイトブロガー「ひゅうじ」です。
ビッグベイトの釣りが楽しくなるような情報を発信していきます!

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA