【バス釣り】釣りするときは『長靴』は絶対!オススメの長靴も解説!

バス釣りに行くときって長靴を履いたほうがいいの?オススメの長靴は?

そんな素朴な疑問を完全解消するためのページです!

 

バス釣りに行くときは絶対に長靴を履いたほうがいいです!

むしろ履かないで釣りするなんてありえない。。。めちゃくちゃ損してます。

 

わずか数千円の長靴を履くだけで、いつものバス釣りが圧倒的に快適になること間違いなしなので、まだ「長靴をもっていないよ」という人は絶対に見てってください!

また、長靴はいろんな形が売られていますが、その中でもおすすめの長靴を紹介するので、是非チェックしてみてください!

ひゅうじ

ひゅうじ

長靴はバス釣りの基本装備なので、持っていない人は大至急揃えておきましょう!

【バス釣り】釣りするときは『長靴』は絶対に履くべき!オススメの長靴も解説!

長靴を履かないで釣りをすることはできますが、長靴を履かないで釣りをするということは「靴なんていらない、裸足でも道路は歩ける」「愛があれば、お金がなくても生きていける」って言っているようなものです。

つまり、「長靴は絶対に持つべきアイテム」なのです!

なぜ長靴を履くべきなのか、長靴を履くと得られるメリットを挙げて解説していきます!

バス釣りで長靴を履く3つのメリット

バス釣りで長靴を履くメリット
  1. 服・足元の汚れが減る
  2. フィールドでの行動範囲が増える
  3. ルアーのロストが減る

釣りをするときに長靴を履くだけで上記のメリットがあります。

逆に言えば長靴を履かないということは、メリットを全て捨てているということでもあるわけです。

長靴を履くメリット その1『服の汚れが減る』

スニーカーなどで釣りをしていると、いつの間にか足元が泥で汚れていた経験はありませんか?

汚れないように気をつけているつもりでも、ぬかるみや水たまりがあったり、藪漕ぎなどして釣りに夢中になっているうちにどうしても足元が汚れてしまいますよね。

 

足元が泥などで汚れてしまうと、家に入る前に拭いたり洗ったりしなければならないので、地味に手間が増えます。それに釣りの途中でお店に寄りたくてもドロドロの靴ではお店に入りづらくなったりもします。

長靴を履くだけで足元を汚れからガードすることができるので、履かない手はありません。

ひゅうじ

ひゅうじ

長靴を履いてからは、服の裾とかくるぶしに泥がつくことはなくなりました!

長靴を履くメリットその2『フィールドでの行動範囲が増える』

スニーカーなどで釣りをしていると「ここ、水に入れたら進めるんだけどなー。」って場面ありません?

水深20cmのところを2mくらい歩けたら自分の行きたいポイントに行けるのに…。

サンダルとかならともかく、濡らしたくない靴で釣りをしているときには、わざわざ裸足になってまで水の中を移動する気にはならないですよね。断念する場合が多いかと思います。

 

長靴を履けば、水深20cm〜30cmくらいの場所なら足を濡らすことなく移動することができます。

そうするとイッキにフィールドでの移動可能範囲が増えるので、必然的に狙えるポイントも増えるというメリットがあります。

長靴を履くメリット その3『ルアーのロストが減る』

フィールドでの移動範囲が増えると同時に、なんと「ルアーのロスト数が減る」というメリットもあります。

ルアーをキャストミスして、木とか水中の岩に根がかったときに、「浅瀬をもう1歩か2歩進めたら回収できるのに…!」ってときありますよね。 

 

長靴を履いていれば、少しだけ水辺を進み、ルアーを回収できる場面があるんです!

事故になる可能性もあるので無理は禁物ですが、ルアーは高価なので、回収できるものは回収しておきたいですよね。

ひゅうじ

ひゅうじ

特にビッグベイトは高価なものが多いので、精神的ダメージを防ぐためにも長靴は必須アイテムです。

オカッパリにおすすめの長靴の「型」は『バードウォッチング長靴』!

3年間履き続けても破損なしの野鳥の会長靴

長靴はバス釣りのオカッパリには必須のアイテムとはいえ、長靴といっても世の中には数多くの長靴たちが輩出されています。選ぶのが大変です。

しかも、釣り関係のブログで「おすすめ 長靴」とかで検索してもたくさんの『オススメ』があって参考にならないものも多いです。

 

なので僕が自身を持ってお勧めできる長靴の「型」をひとつに絞って紹介します。

それは日本野鳥の会から出ている「バードウォッチング長靴」の型です。

「バードウォッチング長靴」と同タイプの長靴は各メーカーから発売されている

1番のオススメは『バードウォッチング長靴!』と言いたいところですが、この長靴と同様の製品が各メーカーより販売されているので、この長靴の『型』をおすすめします!!

この長靴の型の特徴
  • やわらかい素材のため歩きやすい
  • 足首まわりがフィットするデザイン、ぬかるみも歩きやすい
  • 膝下までをガード
  • コンパクトに折りたたんで収納できる

なんと、この特徴を持った長靴が各メーカーから発売されているので、いくつか紹介していきます。

オススメのオカッパリ用長靴 5選

バードウォッチング長靴と同様の型の長靴はルアーメーカーなどからも販売されていて、この型の信頼度の高さが伺えます!

複数のメーカーをチェックすることで、自分好みの物が見つかると思うので、自分ならどれを選ぶかチェックしてみてください!

日本野鳥の会『バードウォッチング長靴』

バードウォッチングだけでなく、野外フェスやガーデニング用としても人気のある長靴です。カラーバリエーションが豊富な点も人気のある理由になっているようです。

僕は3年くらい使っていますが、穴も破れもできません。想像以上に丈夫な長靴です。

メガバス『モバイルフレックスブーツ』

バードウォッチング長靴と同様の形をしている『モバイルフレックスブーツ』もオススメできます!

カラーは一色しかないものの、長靴には「megabass」のロゴがついているので、メガバスが好きな人は嬉しいアイテムとなっています!

メガバスの公式サイトを見てみる

ジャッカル『パッカブルブーツ』

『パッカブルブーツ』も形がおなじ長靴としてオススメです!

長靴には「ジャッカル」のロゴがついていて、カラーは3色用意されています!ジャッカルファンはこれ一択ですね!

ジャングルジム『タタムブーツ』

『パッカブルブーツ』も形がおなじ長靴としてオススメです!

長靴には「ジャッカル」のロゴがついていて、カラーは3色用意されています!ジャッカルファンはこれ一択ですね!

フィールドア『レインブーツ』

フィールドアの『レインブーツ』はバードウォッチング長靴と同様の形をしながらも、最もシンプルな長靴となっています。

カラーは5色用意されていて、どれも大人っぽい落ち着きのあるカラーになっているので、ロゴが不要の人にオススメ!

ひゅうじ

ひゅうじ

足首付近が狭くなっているので、サイズ選びには注意しましょう!

まとめ 長靴を持つだけで『快適さが加速する』

長靴を履くだけで、足元の汚れや煩わしさから解放されるうえ、ロストしそうなルアーを救出することができます。

長靴に数千円も出すのはもったいないと考える人もいるかもしれませんが、ルアーのロストを防げることだけを考えたとしても、数千円以上の価値はありますよね!

もし、長靴がないことでちょっとでも不便な思いをしたことがある人は、絶対に長靴を買うべき!

釣りに行った時の快適さが全然違うので、ぜひ自分の装備に加えてみてください!

ひゅうじ

ひゅうじ

好みの長靴を選べば気分もあがりますね!

ひゅうじ

ひゅうじ

バス釣り歴20年ビッグベイト歴3年目のビッグベイトブロガー「ひゅうじ」です。
ビッグベイトの釣りが楽しくなるような情報を発信していきます!

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA