【お手軽】メジャークラフトのビッグベイトロッドまとめ!格安のタックルプランを紹介!【タックル】

なんか手頃にビッグベイトタックルを揃えられないかなー。

どうにかして手頃にビッグベイトタックルを揃えたいなーって考えてても、なんだかんだ欲しいものを見繕っていくと、意外と高くつきますよね。

 

しかしですよ、もし、ビッグベイトタックルが3万円以下で手に入るとしたらどうします?

 

ダッジやジョイクロ、タイニークラッシュ、ダヴィンチなどの人気ルアーで釣りをしてみたくないですか?

フィールドですぐにタックルチェンジをして、チャンスをものにしてみたくないですか?

釣りの幅をグッ!と広げてはみたくないですか?

 

「そりゃビッグベイトタックルを揃えたい!追加したい!でも、カネが、カネがねぇんだ!!」

そんなあなたのために、今回は出来る限り少ない金額でビッグベイトタックルを揃えるためのタックルプランを考えてみました。

コンセプトは「メジャークラフトで揃える、パパにも優しいエンジョイタックル」です!

 

コンセプトのネーミングがダサい気がしますが、低価格でタックルを揃えるためのセットを紹介しますので、ぜひ見ていってください。

メジャークラフトのビッグベイトロッドまとめ!格安のタックルプランを紹介!

メジャークラフトと言えば、バス釣り初心者にとっての登竜門的存在の釣具メーカーです。

大手の釣具屋さんには必ずと言っていいほど置いていますし、中古ショップにもそこそこの数のロッドが流通しているメジャーな製品なのです。

メジャークラフト 製品の特徴
  • 安い
  • そこそこ使える
  • どこでも買える

メジャークラフトの製品は比較的安く手に入るため、かなり安い価格でロッドを入手することが可能です!

しかも、安いくせにそこそこいい感じに使えるとこがいいんです。メジャクラのロッドを2年くらい使っていましたが、何の問題もなく使うことができました!

 

高価なロッドと比べてしまうと、どうしても劣る点があるかもしれませんが、それは価格的に当然のこと。

機能性と価格帯はある程度比例していくものなので、価格と機能のバランスを考えて買うのが賢い買い物!

 

無理して高価なロッドを買うでもなく、肩のチカラを抜いてリラックスして選ぶことができるのがメジャークラフトのいいところだと感じています。

ひゅうじ

ひゅうじ

メジャクラのロッドは使ったことがある人の方が多いかも!

一度は手に取ったことがあるはず!

メジャークラフトのおすすめビッグベイトロッドは3タイプ!

メジャークラフトから発売されているロッドの中でもビッグベイトに対応しているオススメのロッドのシリーズが3つあります。

オススメのロッド
  • デイズ
  • ベンケイ
  • バスパラ

それぞれのロッドの特徴を簡単に説明していきます!

Day’s(デイズ)

デイズはデザイン性の高いロッドで、高級感溢れるベイトロッドです。お店で「どうせ3万円くらいするでしょ」と思いながら手にとって値札を見てみると、まさかの1万円代という衝撃的なロッド!

ビッグベイト に対応しているモデルは6種類あって、その中にはビッグベイト専用モデルも用意されているので、シンプルなデザインの格好いいロッドが欲しい人は要チェックのロッドです!

BENKEI(ベンケイ)

メジャークラフト ベンケイ ベイト2ピースモデル BIC-702X (バスロッド)

ベンケイの注目したいところは4ピースモデルでビッグベイトを投げることができる!という点です。

やはりロッドを持ち運びで不便を感じることってありますよね。1ピースとか2ピースだと地味に自転車での移動や電車内では邪魔になる。

4ピースなら専用ケースにしまって持ち運びができるので、かなりコンパクトの荷物でフィールドに出かけて、ビッグベイトをガンガン投げることが出来る!

4ピースモデルでビッグベイトを投げることが出来るのは1種類しかありませんが、2oz以上のルアーを使う予定がなければ問題はないはず。

BASSPARA(バスパラ)

バスパラは「本格的なバスロッドを気軽に体感できる」がコンセプトの入門用ロッドですが、完成度が結構高くてイイ感じなんです。

特にデザインが秀逸で、安っぽさを感じさせないデザインが素晴らしい。普通にかっこいい。

バスパラはビッグベイトに対応しているモデルが2種類しかありませんが、ひとつは「3/8-1.1/2oz」、もうひとつは「3/8-3oz」まで対応しているので、十分にビッグベイトを楽しめるラインナップになっています!

組み合わせたいリールを3つ紹介!

ロッドだけ買ったところで、タックル揃わない。。。ついでにちょうどいいリールも紹介します!

 

ビッグベイトを扱うことを想定して、最低でも16ポンドのラインを多く巻くことが出来るものをチョイスしてみました!

もちろんリールも手に入れやすいものに絞って紹介します!

シマノ『バスワンXT』

【先着順!最大2000円クーポン配布】 シマノ(SHIMANO) 17バスワン XT 151 左巻き 03732

ベイトリール入門用のモデルとして評価が高い『バスワンXT』をビッグベイト用として使うのもいいですね。

理由としてはギア比が7.2とハイギアだから!ハンドル一回転あたりの巻き取り量が多いのです。

なので、アクションを入れたときにラインスラックス(糸ふけ)が出来やすいビッグベイトはハイギアのリールを選んだ方がルアーを動かしやすいと考えてます。

 

また、ラインキャパも16lbが100m巻くことが出来るので、20lbのラインも80m程度は巻くことが出来るはず!

これなら2oz程度のビッグベイトまではラクにキャストすることが出来るでしょう。

公式サイトはこちら≫シマノ バスワンXT

ダイワ『BASS X』

ダイワの『バスX』もギア比が高くて、ビッグベイトを使いやすいかもしれません。ギア比は7.5と高く設定されていて、ハンドル一回転あたり75cmの巻取り量となっています。

 

しかし、ラインは14ポンドを90mしか巻くことができず、16ポンドのラインだと80m程度しか巻くことができないと思います。

そのことを踏まえると、ビッグベイトは1oz程度の小型のものまでを扱いたい人向けのリールです。むしろ10g前後のルアーから1oz程度のビッグベイトを扱いたい人にとってはちょうどいいリールかもしれません。

公式サイトはこちら≫ダイワ バスX

アブガルシア『REVO X』

【先着順!最大2000円クーポン配布】 アブガルシア(Abu Garcia) REVO X(レボ エックス) WINCH 右巻き 1430439

リールのデザインが綺麗で、ラインキャパも多い、そしてギア比も3タイプから選べるアブガルシアの『REVO X(レボエックス)』もいい感じです。

 

16ポンドのラインなら115mも巻けるし、20ポンドでも90mも巻くことができるので、ビッグベイトで遠くまで飛ばしたい人でも安心のラインキャパ。

しかも、ギア比も3タイプから選ぶことが出来るので、自分の好みのギア比をチョイスすることができます。

公式サイトはこちら≫アブガルシアRevo X

オススメの組み合わせは『デイズ』+『REVO X』

今回紹介したものの中から組み合わせを考えるとすれば、メジャークラフトの「デイズ」とアブガルシアの「REVO X」の組み合わせがオススメです!

【先着順!最大2000円クーポン配布】 アブガルシア(Abu Garcia) REVO X(レボ エックス) WINCH 右巻き 1430439

 

ロッドとリールを買っても3万円以内に抑えてタックルを揃えることができます!

 

デイズはロッドのデザインが本当に綺麗なので、メジャクラのロッドの中でもかなり満足感と所有感が最も高いはず!

REVO Xはラインキャパ的にもギア比としてもいい感じだし、ロッドとリールの色が統一されると見た目としてかなり気持ちがいいですよね!

低価格だけど、普通に釣りを楽しむには十分!

ただし、どちらも低価格帯のロッドとリールであることには違いありません。もしかしたら、若干使いづらい部分もあるかもしれません。

性能と価格はおおよそ比例する部分もありますが、普通の釣りをする分には十分です。釣りを楽しむうえでは無理に高額なタックルを揃える必要はありません。

 

ここで紹介したのはメジャークラフト のロッドを軸にしたタックルプランですが、他にもいろんな組み合わせがあるので色々と検討してみましょう!

ひゅうじ

ひゅうじ

メジャークラフト は価格的に安いけど、全然問題なく使えるのでコスト重視なら要チェック!いろいろ見比べてみましょう!

ひゅうじ

ひゅうじ

バス釣り歴20年ビッグベイト歴3年目のビッグベイトブロガー「ひゅうじ」です。
ビッグベイトの釣りが楽しくなるような情報を発信していきます!

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA