TN80のデカバスを惹きつけるチカラはマジだった!他のTNシリーズとの違いは『サウンド』である!

琵琶湖で70㎝という巨大なバスをジャッカルの『TN80』で釣ったというニュースがSNS上で飛び交っていましたね!ナナマルですよナナマル!デカすぎです!

 

やっぱ琵琶湖には夢があるなー、もっとでかいバスが琵琶湖のどこかに潜んでいるかも。

と、想像が膨らみますよね。

 

今回は、その70㎝のバスを釣ったルアーであるジャッカルの『TN80』に注目

ルアー内部に仕込んである、TN80に仕込まれたあの機能の効果はマジだったのかもしれない。。。

TN80のデカバスを惹きつけるチカラはマジだった!他のTNシリーズとの違いは『サウンド』である!

引用元:ジャッカル TN80

ジャッカルの人気バイブレーション「TNシリーズ」は人気の高さゆえに実にさまざまなタイプが用意されています。

現在レギュラー販売されているTNバイブレーションはこのようになっています。

TNシリーズとサウンド一覧
  • TN50(オリジナル/フルタングステン/サイレント)
  • TN60(オリジナル/フルタングステン/サイレント)
  • TN65(オリジナル/フルタングステン/サイレント)
  • TN70(オリジナル/フルタングステン/サイレント)
  • TN80(ワンノッカーサウンド

※カッコ内はラトルの種類です

この一覧を見ると、ひとつだけラトルの種類が違うものがありますよね。

そうです『TN80』だけが、ラトル音が違い、TNシリーズで唯一『ワンノッカーサウンド』を標準搭載しているのです!

TN80だけの『ワンノッカーサウンド』とは

引用元:ジャッカル TN80

TN80だけに搭載されている大円球のラトル『ワンノッカー』、水中でのアクション時には大型のラトルによるコトコトという低音が水中に響きます。

かつてはTN70の限定モデルとして「ワンノッカー」がリリースされていて、「コトコトサウンドがデカバスを魅了する!」というコピーがつけられていたりしました。

コトコト音が聞くって本当だった!

正直なところ、「コトコト音がデカバスに効くなんて本当なのかな?メーカー側がテキトーなこと言ってるんじゃないのかな?」って思っていたことがありました。 

実際に自分でワンノッカー搭載のルアーを投げて釣れたことがないし、友達もしくはSNS上でも「ワンノッカーいいよ」なんて話を聞いたことや目にしたことがなかったからです。

 

しかし、TN80で70㎝のデカバスが釣れたという情報を目にして思ったのは「コトコト音がデカバスに効くってマジだったんだ」ってこと!

調べてみるとワンノッカーが効果的だという意見が多数あり!

TN80で70UPが釣れたという話を聞いてから、ワンノッカーについて調べてみると、プロアマ問わず愛用している人が多いし、ワンノッカーを搭載しているルアーって意外と多いんですね!

 

ワンノッカーが効果的である理由としては、コトコトとした低音が甲殻類が出す音に似ているため、バスの捕食本能を刺激しているという記載がいくつかありました。 

 

多くのルアーメーカーがワンノッカーを搭載しているところをみると、一定の効果があるのは確かなのでしょう。

ワンノッカーは低水温期に有利?!

ワンノッカーのルアーの説明を見ていると、デカバスに効果的だという記述のほかに、「低水温期に効果的」ということが書いてあるものが多かったのが印象的です。

特にバスプロがワンノックサウンドについて解説しているわけではないのですが、多くのルアーの説明に「低水温期に効く」みたいなことが書いてあります。

 

なんで低水温期に効くかを解説している人や記事とかを探してみたものの、詳しい解説は見当たりません。

おそらく、理論的なところは完全解明できていないものの、経験として「釣れる」ということを実感しているのでしょう。

ジャッカル製のワンノックサウンドルアーまとめ

しかし、TN80で70UPを釣ったというニュースを見てしまったら、普段自分が行くフィールドでTN80を試してみたいですよね!

もしかしたら、本当にワンノックサウンドにデカバスが反応して「この野池にこんなデカバスいたんか!」みたいなモンスターバスを手にすることができるかもしれません!

 

ただ、このTN80は意外と売っていないという悲しい事実があります。欲しくて探しだすとないというのは「ルアーマンあるある」だと思います。

ということで、ワンノックサウンドを搭載しているジャッカル製のルアーをまとめてみました!

TN80

長さ:80mm 重量:29.4g

70UPを釣ったということで注目度が高くなっているTN80。

70UPを釣り上げたカラーが「キンクロ」だということで、キンクロだけ品切れというところもあるようです。

ひゅうじ

ひゅうじ

僕も実際に何個かTN80を持っていますが、コトコトというラトル音が気に入ってます。

TN50/60 DISK KNOCKER

長さ:60mm 重量:13.8g

TN80は大きな球体のラトルが入っていますが、薄い円柱上のラトルが入っているのが、TN60のディスクノッカーです。

今は生産されていないのか、ネット上にはほぼ在庫がない商品なので、どこかのお店に眠っている在庫があったらスグに確保しましょう!

TN70 コトコトサウンドver.

ジャッカルは以前、TN70で限定モデルとして、コトコトサウンドver.のルアーを出荷していることがありました。

いまのところレギュラー販売はされておらず、これまでは春限定モデルとして販売されていたモデルです。

そのため、ネット上ではルアーを手に入れるのが難しいので、在庫が豊富にある老舗ルアーショップでないと手に入れるのは難しいかもしれません。

ジャッカル製のルアーではTN80が最も手に入れやすく『コトコト』できる!

いやー、しかし70UPが釣れたルアーであるというのはインパクトが強いですよね!

しかもTN80はなかなか使いやすいサイズ感で飛距離も出ますから、今季の春はみんなTN80を投げまくるのではないでしょうか?

 

それでデカバスが立て続けに釣れたら、コトコトサウンドの効果が証明されますね!

これからはSNS上のバイブレーションのラトルの種類に注目せざるを得ません!

 

しかしながら、ワンノックサウンドを搭載しているジャッカル製のルアーはいまのところTN80しかないのが現状なので、ワンノックサウンドを響かせたい人はぜひTN80をゲットしておきたいところです。

ひゅうじ

ひゅうじ

バス釣り歴20年ビッグベイト歴3年目のビッグベイトブロガー「ひゅうじ」です。
ビッグベイトの釣りが楽しくなるような情報を発信していきます!

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA