【ELEMENTS】ダヴィンチ240のインプレ!パワーUPした集魚力とアクションが唯一無二!

ダヴィンチ240欲しいなー。でも実際の使用感はどんな感じなの?

このページはエレメンツから販売されている『ダヴィンチ240』の使用感を紹介するページです!

 

結論から言うと、「迷っている時間がもったいない」「すぐにでも買うべきルアー!」です!

このサイズのバイブレーション型のビッグベイトで唯一!海水でも淡水でもビッグベイトを投げ倒したいという、真のビッグベイターは絶対に買うべきルアーのひとつ!

ひゅうじ

ひゅうじ

投げてるだけでもめちゃくちゃ楽しいのがダヴィンチ240!

ここからはダヴィンチ240のスペックと使用感を書いていきます!

『ダヴィンチ240』のスペック

ELEMENTSより2020年に発売されたダヴィンチ240のスペックは以下のようになっています。

ダヴィンチ240のスペック
created by Rinker
¥9,130 (2022/08/17 01:54:52時点 楽天市場調べ-詳細)
  • 全長:240mm
  • 重量:4oz(約113g)
  • タイプ:フローティング
  • 定価:8300円(税別)

ルアーの性能はダヴィンチ190を継承し、テールの交換も可能になっていますが、ルアー名の通り240mmという大きなボディになっていて、以前から発売されているダヴィンチ190とは別物の存在感を醸し出しています。

ひゅうじ

ひゅうじ

ダヴィンチ240はただのサイズアップじゃない!

ルアーアクションが強力になっているのがポイントです!

ダヴィンチ240は4ozという重さ!専用タックルが必要!

ダヴィンチ240の重さは4oz(約113g)もあるので、この重さになると専用のタックルがないとキツいです。

ロッドの対応ルアーウエイトが2ozまでのもので投げようとしたことがありますが、フルキャストはまず無理。ゆっくり「どっこいしょ」という具合に投げるくらいがやっとでした。

 

このルアーを扱うためには5ozくらいまでの重さを扱えるロッドを買うと、ストレスなく楽しむことできます。

ダヴィンチ240は専用ケースもないと上手く収納できない!

ダヴィンチ240はその名の通り、240mmの長さがあります。

このルアーをいわゆる普通サイズのルアーケースにしまおうとすると、こうなります。

ハミ出すダヴィンチ240

ダヴィンチ240はデカいので、他のビッグベイトが入るサイズのケースを持っていてもハミ出るのです。

ですので、ダヴィンチ240を収納するためにはもう大きいサイズのケースを用意するか、ロールタイプの収納ケースが必要になります。

ひゅうじ

ひゅうじ

ルアーが思ったより大きくて困惑しました!汗

ちなみにおすすめのケースはバーサスシリーズの「VS-1200NDDM」です。ダヴィンチ240が綺麗に収まります。

created by Rinker
¥759 (2022/08/16 13:22:00時点 楽天市場調べ-詳細)

ダヴィンチ240とダヴィンチ190の比較

ダヴィンチ240(上)とダヴィンチ190(下)の比較

ダヴィンチ240とダヴィンチ190は全長に50mmの差がありますが、サイズ感の違いとしては上記画像のようになります。

数字で見ると「たった5cmか、そんなに違わないな」という感じがするかもしれませんが、実際に手に取ってみるとまるで別物!ダヴィンチ240の方が圧倒的にデカいです!

ダヴィンチ240のインプレ!パワーUPした集魚力とアクションが唯一無二!

僕はダヴィンチ240を3ヶ月間くらい使い続けていましたが、ダヴィンチ190と比較しても集魚力が抜群に良く、アクションも大きいんです!

アクションがダヴィンチ190よりも強い

まずダヴィンチ240を使用してみてすぐに感じたことは「ダヴィンチ190よりもアクションが強い」ということ。

ダヴィンチ240はボディが大きいため、当然といえば当然ですが、ダヴィンチ190よりもハッキリとしたアクションを見せてくれます。

 

フロントアイでのツイストロールアクション、トゥイッチでの倒れ込み、そしてバイブレーションアイでのバイブレーションなどの全てのアクションがダヴィンチ190よりも強力になっているんです!サイズアップによるメリットがほんの少し使っただけでも体感できます。

アクションの安定感も240の方が良い

ダヴィンチ190は早巻きしたりすると、泳ぎが崩れてしまうことがありましたが、240ではその問題をクリアしています。

これまではダヴィンチ190にウエイトシールを張って安定感を持たせることで、早巻きなどに対応していましたが、ダヴィンチ240はなんの対策をしなくても安定した姿勢で泳いでくれるんです。

 

正直、そんなに早く巻く場面がないような気がしますが、安定感があるのは使っていて気持ちがいいのは間違いないです。

ダヴィンチ240の集魚力が圧倒的!

ダヴィンチ240はアクションが強力になっているうえに、ボディそのものも大きくなっています。

そのため『強いアクション× 巨大ボディ』の掛け算により、めちゃくちゃ集魚力のあるルアーに仕上がっているのがわかるんです。

 

ダム湖で『ダヴィンチ240』を投げると、ルアーの後ろからバスがワラワラと湧いてくるかの如くついてくるので、もはやサーチベイトとしても使っても良いし、ここぞ!というときの必殺ルアーとしても使えると思います。

ダヴィストは190より240の方がやりやすい!

ダヴィンチを一定レンジでアクションさせ続ける通称「ダヴィスト」というテクニックがありますが、ダヴィンチ240の方が圧倒的にダヴィストしやすいことがわかりました!

ルアーのアクションがやや大振りなので、ダヴィンチにアクションをかけている感覚が分かりやすく、ダヴィンチ240がしっかりアクションできているのを感じることができます。

 

僕はダヴィンチ190で上手く「ダヴィスト」できなかったので、僕と同じようにダヴィストが苦手な人でもしっかりダヴィストでアピールすることができるはずです。

ダヴィンチ240は「ロマンの塊」胸熱な展開をたくさん経験できる素敵ルアー!

ダヴィンチ240の使用感を稚拙ながら書いてきましたが、一言で総括するならダヴィンチ240は「ロマンの塊」みたいなルアーです。 

 

2020年の夏にダヴィンチ240がリリースされてからの数ヶ月間、ダヴィンチ240を投げていましたが、その短い期間でもたくさんのドキドキする場面を経験することができました。

「小バス数十匹がダヴィンチ240についてくる」「デカバスの群れのチェイス」「ダヴィンチ240より小さなバスの連続アタック」「巨大雷魚のキスバイト」などなど、、、

 

残念ながら釣ることは出来なかったけど、心臓がバクバクで脳内物質ドバドバみたいな経験を何回もしました。

このダヴィンチ240は2020年のマイMVPなので、買うかどうか迷っているなら絶対に買うべき!経験したことのないルアーフィッシングを楽しめることは間違いありません!

ひゅうじ

ひゅうじ

たくさんのドキドキとワクワクが体験できるのが素晴らしい!ルアーのコンセプトの良さが伝わってきます。

最後に、、、

インプレじゃなくてオフィシャルな解説が見たい!という方は以下の動画を参考にしてください!

ダヴィンチ240の開発秘話から、ルアーの特徴、推奨タックルについての解説などもあるので、ダヴィンチ240の購入を検討している人は必見の動画です。

ELEMENTS JAPAN YouTubeチャンネルより
ひゅうじ

ひゅうじ

バス釣り歴20年ビッグベイト歴3年目のビッグベイトブロガー「ひゅうじ」です。
ビッグベイトの釣りが楽しくなるような情報を発信していきます!

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA